ポートレートにGodox 400Wのリングフラッシュがオススメ!

スポンサーリンク

[記事公開日]:2017/04/18

この記事は約 4 分で読めます。

リング フラッシュの効果を使ってポートレートを撮影する。

リング フラッシュといえば、マクロ フラッシュを思い浮かべる方も多いと思います。

リング フラッシュは名前の通り、リングのフラッシュになっているので、リングの真ん中からレンズを入れて撮影が可能なので、被写体の影が拡散しやすくてファッションなどのポートレートなどにも使用されています。

ただ、マクロで使用するリング フラッシュでは小さすぎるので、大きめのフラッシュが必要になります。
大きいリング フラッシュとなると高額で、電源もコンセントやストロボ ジェネレーターなどからとらないといけないという点がネックになってきます。

今回は、絶対に欲しくなってしまうリング フラッシュをオススメします。

Godox AR400のリング フラッシュは軽くて使える!

最近では、LEDやリチュームイオン バッテリーの進化で、LEDのモデリング ライトや携帯性がアップしたストロボが出てきていますね。

そんな中、Godoxの400Wのリング フラッシュがオススメ!です。

リングフラッシュは、コードからの電源が必要で携帯性にも不向きだったりしていましたが、このGodoxのリング フラッシュはリチュームイオン バッテリーのおかげでコンパクトで電源に悩まされる事もなくなりました。
そして、リチュームイオン バッテリーになったおかげで、コードのまずらわしさもなくなり、何と言っても小型で軽いのでカメラの取り回しが楽になります。

しかも、この小型で400Wの強力出力!

使い勝手が良いのが素晴らしいストロボです。

Godox AR400の取り付け方

取り付け方は、専用のブラケットで取り付け。

ブラケットを変えると、アンブレラの装着も可能。

Godox AR400のオススメ ポイント

Godox AR400のオススメポイントは、沢山あります。

  • ワイヤレス トリガーで遠隔発光も可能
  • 400Wの出力
  • シンクロポート搭載
  • リチウムイオン バッテリーで外部電源不要
  • 見やすく使いやすいコントロール
  • 小型で外での撮影も楽ちん
  • フル発光で約450回可能
  • ハイスピード シンクロ対応

Godox AR400の外観とセット内容

<パッケージ内容>

  • リングフラッシュx1
  • ライトブラケットx1
  • アンブレラブラケットx1
  • リチウムバッテリーパックx1
  • バッテリーチャージャーx1
  • マニュアル

<製品仕様>

  • モデル: AR400
  • バッテリー: AR-B4500(リチウムイオンバッテリー 11.1V/4500mA)
  • 最大出力(Ws): 400Ws
  • GN値(m ISO 100): 36
  • フルパワーフラッシュ(1/1): 約450回
  • M/S1/S2 モード: 1/128-1/1
  • RPT モード: 1/128-1/4
  • ハイスピード同期: 1/32-1/1
  • リサイクル時間: 0.05-2.8s
  • 色温度: 5600K±200K
  • フラッシュ間隔: 1/300s-1/10000s
  • トリガーメソッド: 3.5mm/PC シンクコード, スレーブトリガーテストボタン,ワイヤレスコントロールポート
  • 100% LED 光度(LUX): 440(0.5m)
  • サイズ: 33.5 x 26.5 x 16.5cm
  • 重量: 2431g

まとめ

今回は、Godoxの製品ですがOEMで他のメーカーにも供給しているようです。

  • PIXAPRO RIKO400 Portable Ring Flash
  • Flashpoint Ring Li-On 400w/s Ring Flash

調べたところ、上記の機種は同じ機種のようです。

小型の携帯性に優れたリング フラッシュは如何でしょうか?

フラッシュ トリガー

フラッシュ レシーバー

  • おすすめ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでHirotographyをフォローしよう!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です