【機材】グレーカードは限界?ホワイトバランスを正確に RICOH CBL LENS 110mm

スポンサーリンク

[記事公開日]:2016/11/11[最終更新日]:2017/02/07

この記事は約 2 分で読めます。

デジタルカメラでは、オートホワイトバランスである程度の色合いを簡単に出すことができますが、チャントしたホワイトバランスを出したい時には、白紙やグレーカードなどを使ったりします。

それでも、限界を感じたと言う人には、こちらを試してみてください。

RICOH CBL LENS 110mmのセット内容

 

81wwrynikl-_sl1500_本体、収納ポーチ、ストラップ、説明書、箱

小さいので、撮影時のカバンに忍ばせとけば良いですね。

RICOH CBL LENS 110mmの使い方

81cgazolk6l-_sl1500_

使い方は簡単で、マニュアル ホワイトバランスに設定して、カメラを構えて斜めから反射しないように、中心を撮影します。

これだけでOKです。

ピントがあっていなくても問題ないようです。

まとめ

仕事などには、欠かせないアイテムですよね。
撮影時にしっかり撮影していないと、後で面倒な事になりますからね。

これは、必需品ですね。

スポンサーリンク

ホワイトバランスのオススメ記事

    Sorry. No data so far.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします